So-net無料ブログ作成
精神疾患 ブログトップ

うつ病・精神疾患は治らない。 [精神疾患]






woman-2775273_640.jpg






今回はうつ病・精神疾患は治らないと言う話しを、
書いてみたいと思う。






よくネットなどで鬱病・精神疾患は「治った!」
などと書いてあるが、

もともと鬱病・精神疾患は
「治ったとか治らなかった」と言う発想ではなく。
発症を抑えたと言う方が正しい。

正確には完治でなく寛解である。



精神クリニックに通っていた時、
処方された薬を何年も飲んでいて、
中々完治しないので、
主治医に「何時になったら鬱病は完治するのですか」
と聞いたら主治医に鬱病は治らないと言われた。
一瞬耳を疑った????


???先生!???
では?
今まで処方された薬は「治す」ためにあるのでしょう?と
問いだすと?
うつ病・精神疾患のは治すためでなく、
鬱の嫌な気分やネガティブな気分を、
癒やすためや和らげるための、
処方薬ですと言われた。



つまり鬱病は、
普通の病気と違い発病するのでなく発症するのであり、
発病とは、病気になり症状が出る事で、
治療によれば完治できるが、
鬱病原は既に人の体内に持っているもので、
完治とは言わずに発症を抑えたと言う事が正しい。



「治ったとか治らなかった」の判断で考えると、
鬱病を発症していた人が発症を抑えて良くなったのに、
何かのきっかけで軽い鬱の症状が出てくると、

うつ病は治っていなかったと、
変な勘違いしてその事で良くなった鬱が再び発症して、
最悪、
前より悪化する羽目に陥る。



help-3049553_640.jpg




鬱病の場合、
他の精神疾患との合併が殆どで、
躁うつ病、依存症、パニック障害、
他の罹患との合併。

普通に病気が治ったといえば、
風邪のように現状復帰に治るとか、
外科手術で悪いところをとって治ると言うパターンで、

うつ病・精神疾患などは糖尿病のように治るというより、
病気と向かい合い発症を抑えるというのが近い。

巷で鬱病・精神疾患が治ったという広告は、
景表法「
誤解を与えるような表示」に触れても、
不思議ではないとも思えるが?



face-1370955_640.jpg




鬱病・精神疾患と向かい合うとき、
悪化を防ぐ意味でも、
「治ったとか治らなかった」という完治発想は止めて、
発症を抑えた寛解「完治とまで言わないが病状がおだやか」
という言葉で捉えたほうが良いとも言える。


それにより鬱病・精神疾患がある程度ぶり返しても、
誰にも起こり得る
症状と思えば気持ちも楽になれる。


beauty-3625326_640.jpg




鬱病・精神疾患などは気持ちが大切とも言える。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


依存症ランキング










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
精神疾患 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。