So-net無料ブログ作成

キリスト教の罪悪2 [ポジティブ]





前回もキリスト教の悪を書いたが、、、


日本では何故か?
キリスト教の印象は「イスラム教」などより良い印象でもある。


多分、
日本社会が色々な意味でアメリカ社会に寄り沿っているので、
簡単にアメリカ社会を受けているだけか?


御存知のように、
アメリカ国家はキリスト教社会である。


日本人が神社や御寺に手を合わせる生活環境にあるように、

アメリカ人も何かあるたびに、

「例えば」スポーツ等しているときなど、
胸で十字架を切る素振りを見せたり、
日曜日は教会に出かけたりで、
それ位アメリカ社会はキリスト社会とも言われる。


日本でもキリスト教の影響も大きい。


下手すれば日本でキリスト教の悪口などでも書けば、
アメリカ社会を否定しかねない状況にも捉えられる。


聖書の内容からしても、
キリスト教の印象が良く見える。


book-3005680_640.jpg



例えば聖書の中の「山上の垂訓」などにもよると、
「右の頬を打たれれば、左をも向けなさい」
「汝の敵を愛しなさい」「裁くな、裁かれないためである」
「人からしてもらいたいと貴方が望むことを、人々にしなさい」
「あなたから借りたいと思う者に背を向けてはならない」
「下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい」と。


何らか聞いているとキリスト教の聖職者や宣教師、
牧師、神父などのイメージが良い印象と映る。


しかし、
それは単なる教科書の中なの教えであり、
彼等がそんな高尚な人間というのは、
「我々が勝手」に創ったイメージである。


キリスト教の聖職者などは、
日本の生草坊主と何ら変わりがない。

実際、短気でもあるし、変なことを口挟むと、


無視されるか!「睨み返される!」



恫喝は日常茶飯事である。


特に、
「韓国系のキリスト教員」は、
日本国家や神道を平気で批判する。


中々他人を許せるような、
大きな心を持ち合わせて居るような人物連ではない。


メディア等では放送されていないが、
聖職者の信者へのハラスメント、
少女信者への淫行は多い。


一部の宗教者だけかと思ったが、
案外常識から外れた聖職者が多い。


「キリスト布教」のためなら何でもありである。

キリスト教の暗黒部分の歴史は、
殆どが布教の「口実」のために、
他人の国の文化や土着の宗教を破壊。

侵略、剥奪を繰り返している「暗黒宗教」とも言える。



一部のキリスト教員は、
それはキリストの名を借りた者の仕業と、
素直に認めず、
私らとは違う!

と事実を目にしない。

結局同じキリスト教の名の下のキリスト教員であるが、、



現代でもアラブ圏に見境無く宣戦攻撃をしかけ、
何百人の難民を溢れさせているのも、


イスラム教や仏教や神道その他の宗教でなく、

「キリスト教社会人」である。




16世紀頃はキリスト教の「暗黒時代」と呼ばれるぐらい、
「魔女狩り」が発生している。

angel-1284369_640.jpg



魔女狩り?と、、
一般常識の人間からは考えられない行為と思えるが、

今でも一部の国では続いていると聞く。??



元々魔女狩りの根は創世記に出てくる「イヴ」にあり、

神の似姿である「アダム」を破滅させたのは、
「女」と言うことから、

女のせいで我々は皆死ななくてはならないという理屈から、


「魔女狩り」の発端となっている。




それを今でも真に受けて、
キリスト信者は「魔女狩り」に奔走する。

昔は魔女として捕らえたら裸にして取り調べをして、
体の何処かにアザでもあれば「魔女」として扱い。


理不尽に「処刑」とする。



その処刑も悪魔ということで残酷な処刑となり、
何百万人何千万人の女性が魔女狩りの、
犠牲となり処刑されている。


electric-chair-72283_640.jpg


今では一部の宗教家は、
現代社会の「人間は悪魔」に侵されているということで、

言われもない誹謗中傷をしている。



攻撃の対象が「イスラム社会」であるが、
日本ではキリスト社会の残酷さを報道されてはいない。


キリスト社会のイスラム社会への空爆では、
逃げ惑う女、子供へらに関係なく攻撃の嵐となっている。


多分我々が想像出来ないぐらい「残酷」だとも言える。


それらの事実を目にしても、
キリスト教信者は何とも感じないのだろうか?


我々とは関係ないと平気で思っているのか?



キリスト教以外の他の宗教、
特にイスラム教などは悪魔の化身ということで、



残酷に女、子供が殺されても、
キリスト信者は、
キリストの神に逆らった「罪」と罵る!



上記の
「山上の垂訓」を何度も読み返せと言いたい!



我々日本人も、
もう少しキリスト教の罪悪を、
しっかりと捉えて見る必要がある。


それからキリスト教の信者になるかは自由であるが、、


道端で青い目の外人さんに声をかけられ、



「うつつを抜かしいる」場合ではない。







、、、、、私がそうであったように、、、、









ブログランキングに参加しています、ポッチお願いします。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村