So-net無料ブログ作成

プロテスタント、カトリック、キリスト教の罪悪 [ポジティブ]

 





最近はブログの更新を頻繁にしている。
僕には珍しいことである。

ブログを書くのも趣味のひとつ、
後は気晴らしやストレス解消とも言える、
書かないと心が落ち着かない日もある。


writing-1149962_640.jpg


相変わらずパチスロでは負け続けである。
生活破綻者を絵に描いているような生活でもある。

少しでもプラスの時に現金に換える事が出来れば、
勝てる勝負も家に帰る頃には、
全て溶かしてしまう羽目になっている。



今回は趣旨を変えてキリスト教の、
について書いてみようと思う。



catholic-2026191_640.png




昨年の10月21日にモルモン教、
いわゆる「末日聖徒イエスキリスト教会」の、
洗礼(パブテスマ)を受けている。

何故?この教会かと言うと、

今までに色々な宗教家を見てきたが、
「エホバの証人」や町の諸教会。

キリスト教とは関係ないが、
「幸福の科学」「創価学会」「顕正会」
など廻ってみたが、
他の宗教家、牧師、神父、宣教師などよりは、


何となく誠意が感じられたと言うだけである。


アメリカやカナダ、オーストラリアなどから、
故郷を離れた宣教師が、
2年間の日本での宣教活動の真剣さにも、
感化された感じでもある。


もともとキリスト教の教え単純にはいかない、
イエス・キリストの名前の下に集まる。
各宗派は、「烏合の衆」的存在とも言えるので、

洗礼(パプテスマ)は、
どちらでも良いような気がしただけである。


キリスト教は、
「イエス・キリスト」と言う名のもとに、

争いの種を持つほど殆どの教会同士の教えが違う。

キリスト教内でライバル同士のようなもので、
隣近所の教会同士が、
簡単に教えを譲歩できるものでもない。


世界の宗教争いは、
ユダヤ教Vsイスラム教Vsキリスト教と言う構図であるが、
それは簡単な色分け区分でもある、
根はもっと深いところにある。


キリスト教は、
カトリック、プロテスタントと分かれる。
簡単に色分けを見る方法は、
大概においてカトリックは、

神殿などは豪華絢爛とも言える。

ヨーロッパ辺りのキリスト教会の、
神殿など見ても分かると思う。

逆にプロテスタントは質素が基本である。
あくまで基本は質素となっているが?


その事はひとえに聖書に書いてある、
偶像崇拝排除によるものである。

偶像崇拝とは、
仏像や石ころで
出来ている神殿などを、
拝む対象としないからである。
あくまでも神殿や仏像は単なる石や木である。


プロテスタント側から見れば、
十字架などを掲げるのも全てが偶像崇拝と看做すものである。

しかし、
一部のプロテスタントには、屋根の上に十字架を掲げる者や、
単に十字架や十字架にになっているイエスキリストを、
神殿の真ん中に掲げる教会もある。

教会自体が厳かで威厳を保つように、
粧飾されている気配も漂い、決して質素な造りでもない。



深く言えば偶像崇拝そのものと言える。



cross-2713353_640.jpg



プロテスタントからしてみればカトリックは、
ローマ教皇を悪魔の化身として攻撃の対象となる。


カトリックと言えば祈りの時のロザリオと、
アヴェマリア信仰も有名である。


有名な聖母マリアも聖書の中で触れているのは、
ホンの僅かであるのに、
「不思議」と聖母マリア信仰は世界中で見られる。


その事には諸々の説はあるが、
現在、聖書の中の福音書は4つである。
マタイ。マルコ。ルカ。ヨハネの4つである。
しかし外典には、トーマス、ペテロ、
恋人と言われる?
マリア
数えたら100以上の福音書があると言われているが、
それらの福音書は「聖書編集」の時に外されている。


言われている「外典」である。


推測ではないが、
聖母マリアの福音書も編集前に数々有ったと考えられる。
聖書編集の時に、
聖母マリアの福音書は破棄された可能性もある。


それは何故か?
ひとつの手掛かりは恋人と言われる、
マリア、トーマスの外典の内容である。
現在の聖典の内容は階級層である。
必ず長である牧師や神父が存在する。

つまり同じ人間であるが、そこには平等と言うのがなく、
教会内の長が居てその下に信者が存在する。


長が信者を誘導する形の聖書編集内容である。


権力者の都合の良い聖書内容とも言える。


その他の外典は人々が輪になって、
自由に語り合える構造になっているので。
権力者が嫌いな構図とも言える。

それが聖典から外された理由と言える。

聖書は神の言葉と言えるが、
悪魔が書き加えた箇所もある事を、

聖書を読む意味で胸に刻む必要がある。
全て神の言葉との思い込みが、
悲惨な争いの下になっている。
よくよく注意しながら聖書を読まなければならない。


book-3005680_640.jpg



聖書の最後の章に、
黙示録のハルマゲドンの戦いがある。
各宗派からからキリスト教の長が現れて、
「我こそ神である!」「我らこそが真なる教え!」と、
虚偽の申告する者が現れてくると言われる。

その事のきっかけで第三次戦争。
神と悪魔の戦い。


ハルマゲドンの戦い。


私はカトリックの肩を持つつもりはないが、
プロテスタントの教えが、
諸教会によっての違いが争いのもとにもなりえる事を、
杞憂する。

カトリックの場合はローマ教皇を頂点に、
縦横に繋がりがあり、
争いのもとにはなりえないが、
プロテスタントは先ほども書いたが、
殆ど個人事業みたいなので縦横の繋がりはない。


教えも殆どバラバラで、
最近までは悪徳金貸しや不動産やヤクザ等で、
生活していた人間などが少し聖書を勉強して、
如何にも聖職者、牧師らしく振舞い教会の設立に励む。

プロテスタントはカトリックより、
教会の建立が簡単であるし税金対策にもなりえる。

逆にカトリックはそんなに簡単にはいかない。

プロテスタントの教えにも問題もある。

先ほども書いたが十字架のあり方については、
絶対譲歩出来ないと言う諸々の教会もあり、
争いのは尽きない。


三位一体の考え方にも問題がある。

聖書には「三位一体」と言う教えもない。

イエス・キリストは、
父なる神の聖霊によりマリアからの生誕となっていてる。

あくまでも神の「子」と言う立場である。
一部のキリスト教会はこの教え。
真実なる聖書の記述が気に要らない。

神と神の子では立場上、格」が違うらしい。
其処に階層級が目につく。

何とか!
イエス・キリスト神の子でなく、
何とか!無理にでも!

神として祀り崇めたい。


そこで苦肉の策が聖書には書いていないが、
「神」も「イエス・キリスト」も「聖霊」
も、

一緒にしたいと言う考えが生まれた。


それが三位一体である。


糞も味噌も同じ?不謹慎です。反省。

と言うわけでプロテスタント教会では、
イエス・キリストも神となった。

簡単に考えればイエス・キリストは、
「神の化身」としたいが化身では名前に難がある。

「三位一体」の方が聞き心地が良いと言うことである。


パチパチおめでとうございます。

目出度くイエス・キリストも神に昇格です。


beach-885109_640.jpg


待て!待て!と、、、可怪しいではないか!?

と、、
それらに反対するキリスト教の一派も、
多いので話が「ややっこしくなる」

逆に正統派?からはオカルトと言われる一派でもある。

その中にエホバの証人・モルモン教なども存在する。

彼らにしては聖書に書いていない事には断固反対の立場。

イエス・
キリストは神の子であり、
人と神の間を受け持つ仲介としての存在。


そして人々が神に祈る時も、
「イエス・キリストの御名においてアーメン」と祈る。
つまり、
神と人との繋がりをイエス・キリストに、
身を委ねると言う事である。


この事からキリスト教の争いは、

益々激しくなるとも言える。

キリスト教信者の罪悪は悪魔狩りに続く事にもなる。
今度は時間が許せば、
キリスト教の暗黒時代16世紀の事を書いてみたい。


私も洗礼を受けたので、
「運」が良くなると思えたが、
益々運勢が下がりギャンブルでは負け続けである。


あ~~~~めん、そ~~~めん、
僕何とかと流行っていた言葉も古いかぁ~~








nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村